ファクタリングで資金繰りを改善する

subpage01

ビジネスの世界においては、商品やサービスを先に提供し、代金は後で受け取るという掛取引が広く行われています。

ファクタリングの相談ならココです。

この場合、買い手は手許にキャッシュがなくても必要な商品やサービスを手に入れられるというメリットがあります。


一方、売り手側も取引先の資金繰りに影響されることなく売上を計上することができるため、活発な営業活動を行うことができます。


ただ、掛取引の代金すなわち売掛金は約定した期日が到来しないと入金されないので、売り手側はそのお金を仕入等に使いたいと思っても手許にはキャッシュがありません。



そのため、場合によっては売上が好調なのに資金繰りに詰まってしまうといったケースも起こります。

このような問題を解決するのに有効な手段となるのが、ファクタリングです。



ファクタリングとは、売掛債権を第三者に有償譲渡することをいいます。


つまり簡単にいえば、債権を売って対価を得る手段だということになります。これを利用すれば、売掛金が実際に入金される前であってもキャッシュを手に入れることができるため、資金繰りの改善に役立てることができます。
ファクタリングは事業化されており、ファクタリング会社と呼ばれる専門会社がインターネット等で売り手を募集しています。


利用の申込みをすると該当の債権に対する審査があり、利用可能となれば売買契約を締結して代金が支払われます。

銀行融資などと比べると審査が迅速だという特徴があり、場合によっては申し込んだ当日に支払いが完了することもあります。