ファクタリングの良い業者と悪い業者の比較

subpage01

ファクタリングは売掛債権を迅速に現金化することができる金融サービスですが、一方でトラブルが多いことでも知られます。

仕組みとしては幅広く利用されているものですが、悪い業者を利用すると思わぬ損失を被る可能性があるので注意が必要です。

ファクタリングを行っているのは銀行などの金融機関のほか貸金業者も行なっており、特に貸金業者の場合には悪質な業者も散見されます。銀行の場合には比較的しっかりとした審査を行ったうえでファクタリングを行うので、断られるリスクが高いですが手数料も安く安心して利用することができます。

ファクタリングの比較関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

一方で貸金業者が行なっているものにも、ちゃんとした審査を行っているところもありますが、それでも銀行と比べると手数料が高いといったデメリットがあります。


基本的にファクタリングを比較する時には、手数料率の設定と償還請求権の設定を見る必要があります。

相場としては2社間の場合には10%から30%程度で、3社間では10%程度でありこれを大きく超えているような業者は、明らかに手数料を取りすぎています。



また償還請求権というのは、売掛債権の相手が支払いに応じられなくなった場合にそれを弁済する義務を負うというもので、償還請求権が設定された上に相場を超える手数料を設定しているようなところは利用しない方が良いものです。

反対に償還請求権が設定されない場合には相手が支払いが行われなかった場合には債権者にそれを返済する義務は発生しませんので、比較的手数料が高く設定されることに留意する必要があります。